読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糸さんの夢ノート

生活を充実させるためのメモです。

スポンサーリンク

コーデ&服と年齢との歩み寄り

〇〇コーデと聞くと、ついつい引き寄せられる私。

ここ数年ファッション雑誌は買わなくなったけど、いろんなブログで着回しコーデや私服の制服化なんて聞くと、とても興味をそそられます。

ということで先日おでかけした時のコーディネイトです。

これにコートとニット帽、バッグを持って出かけました。

↓ニット帽は昨日紹介したこちらです。

・ワンピース

無印良品で、5,000円くらい。夫に買ってもらったもの。配色が気に入ってます。

・タートル

ユニクロです。

・ネックレス

母からのプレゼントで、母とお揃いです。

あ、自分で買ったものが一つもありませんでした。

たまにお出かけするときに、ワンピースを着るとまわりの景色もグンと楽しく感じられる単純な私です。

年齢による服に対する迷い

いま私は47歳で、数年前から服を買うときに、「私の年齢で、この服を着て大丈夫かどうか」が頭をよぎるようになりました。

試着するときもサイズが合うかだけではなく、顔と服のバランスがちぐはぐではないかとかけっこう確認しています。

二十代の頃、「歳をとったらファッションが楽しめなくなる」と思い込んでいましたが、実際は楽しんでいます^_^

セールを利用したり、安くて良い大人向けの服もたくさんありますもんね。自信がなければ、いまは大人用のファッション雑誌も充実しているし、街で素敵な同年代を参考にすれば良いのです。

それとも、「好きな服を着てますが何か?」という強い心意気があれば、40代でフリフリを着たりしても面白いかもしれないです。

実際私も芸術家の草間彌生さんが水玉の服を着ている姿を見るとすごくワクワクしますし。

服と私のこれから

つまり、ファッションは自由!! 自己表現のひとつですね。

人を傷つけたりするものでなければいいと思います。 これは何歳でも通用すること。

私は自分が60代になる頃、原色の赤、緑、黒などのカッコいい色合わせをパシッと着こなせるような女性になりたいです。 それにはもっと気迫が必要かな。

小さなお知らせ

パンくずリストの設置をしてみました。 簡単に表示できるような感じなのに、なぜか表示されなくて悩む。 何度か試したあとに、ポンと出現したときには感動しました(笑)