読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糸さんの夢ノート

生活を充実させるためのメモです。

スポンサーリンク

会社は会社。私は私、と割り切りたい。



私は正社員ではなく、時間給で働く人間です。

たいがい午後から働いていますが、繁忙期は午前中から仕事をしたり。

詳しく仕事のことを書くと、身元割れしてしまいそうなので書けないのです。すみません。

時間給なので、もちろん役職はなし。


でも上司からは私を通して連絡や指示、相談が入ります。

完全に主任扱いされている現実。周囲にもそう言われるし。

正直、他の人より「頼りにされている。」という自尊心はなんとなく満たされています。



私は真面目な性格なので、「期待に応えたい。」とわりと強く思ってしまうんですよね。

悪いことではないけど、時々自分に疲れます。

頻繁ではないけど時間外の午前中に急な連絡が入り、家で仕事したり。自発的に仕事の予定を立てたり、チェックしたり。

仕事をした分のお給料はちゃんといただいています。


スポンサーリンク




同僚のKさんが近々、結婚退職することになりました。 このKさん、人間的にも仕事的にもすごく信頼できる人なのです。

Kさんが抜けたあとの大きな大きな穴。

ただでさえ人材不足の世の中なのに、どうしよう。


すぐに新しい人を入れてもらう手配を上司に頼みました。 果たして・・・。

いまは売り手市場だし、すぐに新しい人が決まるか、かなり怪しいと思っています。

そうなると仕事が回らなくなる・・・と重い気持ちになったり。


悶々としていると、夫から一言「仕事がちゃんと回るかどうかは糸が考えることじゃないよ。会社がすることだ。」と。

ふむー。

ふむー。

仕事が回らなくなって困るのは会社。私がいくら心配したところで何も解決はしない。


うーん、そうかもね。

少し気が楽になった。

私がすべきことは、日々まっすぐに仕事に向き合うこと。

と思ったら、心が少し軽くなりました。


この性格であることと仕事好きなゆえに「私がなんとかしなくちゃ。」って思ってしまうんですよね。

でも、だんだん自分で自分のクビを絞めるような感じで苦しくなってくる。

こんな感じ、今まで何回も何回も経験してきたな。

今回は右往左往せずに、目の前の仕事を気持ちを乱さずにこなしていこうと思う。

必要以上に荷物(仕事)を背負い込みすぎないこと。
自分で持てない荷物(仕事)は、他の人にシェアすること。


ピンチはチャンス、なんて聞くけどてっとり早いのは自分が変わることかもしれない。

すぐにビビって「どうしよう。」、あるいは「必要以上に良く見せたい。」はもう止めたい。

私はこれから「本当の意味でのゆとりある大人」になりたい。



スポンサーリンク