糸さんの夢ノート

生活を充実させるためのメモです。

スポンサーリンク

「優しい」と「怖い」

私が人から言われる印象の第1位は「優しい」かも。

でも、実はあんまり嬉しくなかったり。



何でだろう。。。 褒め言葉のハズなのに。



否定するのも何なので、「ありがとう。」と伝えて受け取っています。



もちろん、私が何かをして、それを評価して言ってくれるのなら心から嬉しいけど。。。




「優しい」って色んな意味がありますよね。



文字通りの「優しい」の他に、「甘い」とか「優柔不断」とかの意味を含んだり。


ときに嫌味になったり。



世の中には色んな価値観があって、理不尽だったり、面倒臭かったり。



だけど、一周まわって自分の気持ちが落ち着いて来ると面白いこともあるのにようやく気がついた。

「優しい」って簡単な言葉



トラウマみたいになってるせいか私は他人に対しても、簡単に「優しい」と言わないようにしてる感じです。



親切とか思いやりがあるね、とか別の言葉を意識的に使ってます。



でもいまは、仕事でも立場もあってか「こわい」と言われることもチラホラあったり。



ハッキリ言わないとどうしても伝わらない人もいるので、頭の中でいろいろシミュレーションして、すっと心に落ちて来た言葉を相手に伝えるようにしている。



もちろんそれを言われた相手の気持ちも考えて。



悪意はないし、相手のためだったり、仕事の内容を思って言ってるだけ。それが本当の優しさだと思っているけど、最近は「怖い」と言われたり。。。たま〜にですが。



理不尽だなと思うけど、私もそんな時あったな。



優しいと怖いは紙一重。 のこともある。



本当に相手を思ってないと言えない言葉もある。



やっとそういうことに気が付けたと思ったら、私もかなりのいい年になってました。愕然。



だから、今からでもたくさん私を愛情深く叱ってくれた両親に親孝行をしたいのです。